浄土真宗高田派 専修寺
関東別院 千葉分院【安穏浄苑】

じょうどしんしゅうたかだは せんじゅじ かんとうべついん ちばぶんいん

千葉県千葉市中央区にある 浄土真宗高田派の寺院

お寺名

専修寺 関東別院 千葉分院

宗派

真宗高田派

住所

千葉県千葉市若葉区大草町726-1

寺院情報

専修寺(せんじゅじ)は、宗祖 親鸞聖人が関東一円に伝道の際、下野國高田(現:栃木県真岡市高田)に本寺を建立し、長野の善光寺より一光三尊佛を迎えて本尊とし、布教の中心としたのが始まりです。
第十世 真慧上人に至って、伊勢一身田(現:三重県津市一身田)に本山を移転し、如来堂・御影堂と共に国の重要文化財でもあり、今日堂々の威容を誇っています。
その高田派に所属する寺院は全国600余ヶ寺あります。
全国8ヶ所に所在する別院のひとつである「関東別院」は、江戸時代中期に神田練屏町に創建され、関東大震災の際、壊滅的な打撃を受け、現在の大田区六郷の地に移転復興されました。
その分院がこの度、千葉市若葉区に開院いたしました。

 

真宗高田派の本山で、専修寺(せんじゅじ)といいます。三重県の中ほど、津市一身田町に位置し、宗祖親鸞聖人のみ教えをまっすぐに受け継ぐ寺院で、高田本山と通称親しみを込めて呼ばれている寺院であります。その高田派に所属する寺院は全国に600余ヶ寺あります。また、栃木県真岡市にある本寺専修寺(ほんじせんじゅじ)と共に境内の御廟(ごびょう)に親鸞聖人のご遺骨をお守りしています。

本山専修寺の境内には数多くの伽藍(がらん)が建ちならび、中でも一番大きな重要文化財でもある御影堂(みえいどう)は平成19(2007)年12月20日平成大修理が完了し、平成20(2008)年1月8日にはご本尊「親鸞聖人の御木像」を如来堂から御影堂へお移しさせていただく法会が、参拝者で満堂の中勤まりました。国宝の西方指南抄などの法宝物も所蔵して現代に伝えています。また、真宗最大の法会、報恩講は毎年1月9日から16日までつとまります。

写真で見る安穏浄苑

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
入口
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
本堂
安穏浄苑
安穏浄苑
本堂中庭
本堂中庭

墓石イメージ

ガーデニング墓地:一般墓
ガーデニング墓地:一般墓
安穏浄苑:永代供養墓
安穏墓地:永代供養墓
一蓮墓地:合祀墓 

安穏浄苑 価格表

タイプ 区画数 永代供養料
永代使用料
納骨数 石碑料金 合計金額 備考
安隠
永代供養墓
1区画分
500,000円
3霊まで
80,000円
580,000円
・石種:黒御影石
・7寸骨壺で3霊納骨可能
2区画分
800,000円
6霊まで
160,000円
960,000円
・4霊以上納骨する場合はこちらのほうが
個別で購入するより20万円分お得

※彫刻料は基本無料(墓碑:8寸角黒御影)。ただし文字数が多い場合は別途費用負担
※合祀・合葬はしない本当の永代供養です。

タイプ 永代供養料 納骨数 石プレート代 合計金額 備考
一蓮墓地
合祀墓
50,000円
1霊
10,000円
60,000円
・プレートに俗名、没年月日を残します。
タイプ 永代使用料 墓石代 合計金額 備考
ガーデニング墓地
一般墓
900,000円
600,000円〜
1,500,000円〜
・毎年、護持会費として¥10,000が掛かります。
※墓石の種類によって金額が変わります。

霊園概要

名称

安穏浄苑

霊園種別

寺院墓地

宗旨・宗派

浄土真宗高田派

経営主体

宗教法人 専修寺 関東別院 千葉分院

申込資格

  • 応募時に、1年以上引き続いて市原市に住民登録を有する世帯主であること。
  • 埋蔵する焼骨が現にあり、その祭祀を主宰する者であること。
    焼骨には妊娠後満12週(85日)以上の死胎も含みます。分骨は認められません。
  • 埋蔵する焼骨が現にあり、その祭祀を主宰する者であること。
  • 市原市墓園施設(納骨堂・合葬墓を除く)を使用していないこと。
  • 使用許可後2年以内に墓石等の設置をし、使用することができること。

アクセス

千葉県千葉市若葉区大草726-1

お車をご利用の場合
京葉道路「貝塚IC」を降り東金道路「大草」交差点を入ってから約3分

公共交通機関をご利用の場合
・タウンライナー「千城台」駅よりいずみバス乗車、「大草谷津田いきものの里」バス停下車。

その他、ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください

営業時間:9:00~18:00(水曜定休日・祝日営業)