墓石

墓石の修理を考えるタイミングや費用相場

丈夫な石を組み上げ作られている墓石は、基本的に長い耐久性を誇ります。しかし先祖代々、受け継がれていく中で、避けられない劣化も生じます。

ある程度の段階に差し掛かったら手入れも必要となりますが、どのような時に修理を考えたほうが良いのでしょう。また、修理にはどのくらいの費用が掛かるものなのか、気になる疑問を解説していきます。

墓石の修理が必要になる場合とは

墓石の修理が必要になる場合とは

墓石の修理を考えたほうが良い状態として、分かりやすいのはボロボロになったと感じられる時です。長年、雨風に晒されることで、丈夫な石でも風化してしまいます。

本来は美しく滑らかさのあった墓石も、やがては劣化が目に見える形で表れ、時代の変遷を感じさせられるものです。角欠けや竿石のヒビ割れなど、こうした劣化は今後も症状が大きくなることが考えられるため、早めの修理で対策を講じることが推奨されます。

墓石のズレを確認できる場合も修理を検討しましょう。昔に建てられた墓石や、地震や台風の影響を受けた時など、本来の台座の位置から動いてしまっていることがあります。

バランスが崩れた状態のままですと、今後、何かの拍子に倒壊をしてしまう恐れがあるほか、参拝者も落ち着いてお参りをしづらいものです。人を巻き込んでしまう可能性もあることから、気付いた時には速やかに適切な位置へと修正を行うことが大切です。

墓石の修理内容とかかる費用

墓石の修理内容とかかる費用

修理がきかないほどの状態ではない限り、今ある墓石を直し整えることができます。例えばヒビ割れが起こっている場合、目地にコーキング剤を入れて隙間を埋めることも可能です。

簡単な修理で済むようなら、3~5万円程度の費用に収まります。ただ、あまりにも深いヒビ割れで、修理が困難となる場合ですと、一旦直したとしても耐久性の面で不安が残るため、建て替えが推奨されることもあるでしょう。

角欠けですと2万円前後から修理を行えることが多いですが、一箇所あたりの費用計算となるため、補修が数箇所に及ぶとそれだけ負担は増します。

ズレのトラブルに関しては、5~30万円ほどの費用で考えておいたほうが良いでしょう。これだけ金額に幅がある理由は、状態次第で作業内容が大きく変わるからです。

軽度のズレならば費用も安くて済みますが、墓石の組み直しから必要となる場合はその限りではありません。墓石のズレに伴い目地の破損などが起こっていることもあるため、補修が必要な箇所も多くなってしまうのです。

墓石修理は自分でできる?頼むならどこに依頼するべきか

墓石修理は自分でできる?頼むならどこに依頼するべきか

 

費用の節約のために自力での墓石修理を考える人もいるかもしれません。少しのヒビ割れといった、軽度の症状ならば自分でも直せることがあります。

必要な道具を買い揃えても、数千円程度で済みますので負担もコンパクトです。ただ、大きなズレが生じるなどして危険な状態になっている場合に、無理に直そうとするのは要注意と言えます。

倒壊をしそうな状態にもかかわらず、素人修理で済ませてしまうと思わぬトラブルに発展しかねません。人を巻き込んだり隣のお墓を傷付けたりなども考えられる以上、管理をする者には適切な判断が求められます。

御先祖に安心をして眠ってもらうためにも、無用なトラブルを引き起こさないためにも、修理は専門業者に依頼をすることが大切です。

石材店や墓石リフォーム会社など、こうした業者が修理を請け負ってくれます。正しく直すことで墓石の寿命も延び、結果的に費用の節約にも繋がるはずです。

まとめ:墓石のことなら専門業者にお任せ

修理を検討したほうが良い状態や、掛かる費用の目安などを解説してきましたが、全容を掴めたのではないでしょうか。決して安くはない費用が掛かることもあるため、修理を躊躇ってしまう人もいるかもしれません。

しかしながら、墓石の劣化を放置しておくメリットはない上、他人に迷惑を掛けてしまう恐れもあることから、プロに依頼をして適切に修理をしてもらうことが推奨されます。

墓石クリーニングの内容や方法は?費用相場や綺麗に保つコツ

お墓を管理するようになってからは墓石のクリーニングをしていくことが重要になりますが、墓石クリーニングとは何か具体的にご存知でしょうか?

この記事では墓石のクリーニングの概要ややり方の基本、必要になる道具や費用などについて広く紹介します。より良い状態でお墓を維持していけるように正しく理解しておきましょう。

墓石のクリーニングとは

墓石のクリーニングとは

墓石のクリーニングとはお墓にある墓石をきれいにすること、つまり端的に言ってしまうとお墓掃除のことです。お墓の中心になる墓石がいつまでも良好な状態で保てるようにきれいにするメンテナンスのことを意味します。

自分でクリーニングをすることもできますが、墓石クリーニングを請け負っている業者もあるので代行を依頼することも可能です。

正しくクリーニングをしていつもきれいな状態を保つのが墓石の寿命を延ばすことにもつながるので、墓石の管理をするようになったときから気を付けなければならないことです。

墓石クリーニングの内容

墓石クリーニングの内容

墓石のクリーニングは狭義では墓石そのものをきれいにすることですが、広義ではお墓全体の掃除をして美しくすることを指します。ここではお墓全体を対象とすることを想定し、墓石クリーニングの内容を紹介します。

墓石や外柵を磨く

墓石の本体である石塔やその周りを囲っている外柵は石材でできていて、ほこりが付着するだけでなく水垢ができたり、苔が発生したりすることもあります。このような汚れを磨いてきれいに除去するのが墓石クリーニングで中心となる作業です。

鉄部の錆取り

墓石や外柵に使用されている石材には鉄などの金属も含まれているので、長期間にわたって雨風にさらされていると錆びてくることもあります。この錆を取り除くのも墓石クリーニングの重要な作業内容です。

草取りや樹木の剪定

このような墓石を中心としたクリーニングに加えて、墓誌の清掃や墓域内の草取り、ゴミ拾いなども行います。もし墓域に樹木を植えているならその剪定も墓石クリーニングに含まれます。

玉砂利の入れ替え

そして、状況によってはお墓の周辺に敷き詰めている玉砂利を新しいものに入れ替えます。このように全体としてお墓が美しく、できる限り手に入れた当初のような姿に戻すのが墓石クリーニングの特徴です。

墓石クリーニングにかかる費用相場

墓石クリーニングにかかる費用相場

墓石クリーニングにかかる費用は自分でやる場合と、業者に依頼する場合でかなり違いがあります。それぞれのケースについてどのくらいの費用がかかるのが一般的なのかを確認しておきましょう。

自分で墓石クリーニングをする場合

墓石クリーニングを自分でやってしまう場合には道具さえ揃っていればほとんど費用がかかりません。

初めての墓石クリーニングで必要そうなものを全て買い揃えたとしても数千円から1万円程度で済みます。二回目以降はほとんどのものを使いまわせるので消耗品だけ数百円で買えばクリーニングをできるでしょう。

業者に依頼して実施する場合

業者に依頼して代行してもらう場合にはどんな業者を選ぶかによってかなり違いがあります。墓石クリーニングの専門業者に依頼をする場合には相場は2万円から3万5千円くらいです。

墓石の専門ではなく一般的に屋外のクリーニングの代行をしている業者に依頼すると1万5千円から2万5千円くらいが相場になっています。屋外クリーニングの業者の場合には面積が広いと費用が高くなる傾向があるので注意しましょう。

また、便利屋にも墓石クリーニングを依頼できますが、費用は1万円から2万円くらいで安いものの、プロとしての技術を持っているかどうかはケースバイケースなので注意が必要です。

墓石クリーニングを自分でやる方法

墓石クリーニングを自分でやる方法

墓石クリーニングを自分でやるときにはまず道具をそろえましょう。

準備しておいた方が良いもの

雑巾とスポンジとバケツ、ほうきとちりとり、小さなブラシとゴミ袋程度が最低限必要なものです。樹木を植えているなら剪定ばさみも必要になり、鎌もあった方が楽なこともあります。

他にあると便利なのは墓石用の洗剤、軍手やゴム手袋、ヘラとたわしです。

作業内容

作業内容としては基本的なのは水洗いです。最初に墓石や外柵などに付着しているほこりをほうきで払い落してしまいましょう。そして墓石に水をかけ、雑巾で水拭きをして汚れを落としていきます。

文字のところのような細かい部分はブラシを使うときれいにすることが可能です。

これでも落ちにくいのが苔と水垢と錆びです。苔はヘラを使って落とすのが簡単ですが、ない場合にはスポンジか雑巾でよくこすって落としましょう。

水垢もこすって落とすのが基本で、スポンジでは落ちにくいときにはたわしを使うと効果的です。ただ、金属たわしは墓石を傷つけてしまうので使わないようにしましょう。

錆びは水洗いをしてこすってもなかなか落ちないことがよくあります。その際には墓石用の洗剤を使って軽くこすって落とすのが良い方法です。

洗剤によって使い方が異なるので説明書きを読んで正しく使いましょう。後は全体を水洗いした後、乾拭きをすれば終わりです。

最後に区域内の草を抜いていき、樹木をはさみで剪定してゴミを一通り片づけたら墓石クリーニングは完了です。

墓石クリーニングを自分でやるメリット

墓石クリーニングを自分でやるのは費用を最小限に抑えられるのがメリットです。

汚れが気になる部分を自分で納得できるまできれいにできる点や、先祖のためにも正しいことをしたという気持ちが生まれるのも魅力でしょう。

墓石クリーニングを自分でやるデメリット

汚れがひどいとなかなか落ちなくて苦労してしまうこともあり、頑張ったのにきれいにならなくて妥協せざるを得なくなるケースもあります。労力も時間もかけなければならないのも自分でやるデメリットでしょう。

墓石クリーニングは業者に依頼できる

墓石クリーニングは業者に依頼することもできますが、前述のように依頼先の業者によっては墓石の専門家ではないこともあるので注意しましょう。

石材の正しいクリーニング方法を知っているかどうかが違うだけでなく、クリーニングの仕方も異なっている場合が多いのです。

業者に依頼するメリット

どの業者に頼んだとしても労力がかからないのはメリットですが、仕上がりの良さが業者次第で異なるので業者の選定は慎重に行うことが大切です。

専門業者に依頼すれば高圧洗浄やスチーム洗浄を行ってくれて、落ちにくい錆びなども薬品で除去してくれるのでしっかりときれいになります。

業者に依頼するデメリット

業者に依頼するのにはデメリットもあり、良い業者を探すのに時間も労力もかかってしまいます。また、一回あたり数万円の費用がかかってしまうので、自分でできるのにお金を払いたくないと思うことも少なくありません。

ただ、遠方にあるお墓でも立ち合いをすることなく墓石クリーニングをしてもらうこともできるので、遠くにお墓があって行くのが大変な場合には費用対効果が高い方法でしょう。

墓石を綺麗に保つポイント

墓石を綺麗に保つポイント

墓石を綺麗に保つためには頻繁にクリーニングをすることが何よりも大切です。汚れを放置してしまうと状況は悪化していく一方なので、お墓参りのタイミングを中心にして定期的にクリーニングをしましょう。

普段は自分で手入れをして、年に一回はクリーニングを専門業者に依頼するというのも良い方法です。自分では見落としてしまったり、落とすのが大変で諦めたりした汚れも定期的にきれいにすることができるので、墓石を良好な状態で保てるようになります。

まとめ:定期的な墓石クリーニングをして管理しよう

お墓を管理する立場になったときには墓石クリーニングを定期的に行ってできるだけきれいな状態を保っていくようにしましょう。汚れを貯めこまないようにこまめに手入れをするのが何よりも大切です。

自分でやっても業者に依頼して代行してもらっても構いません。どちらにもメリットもデメリットもあるので、両方をうまく組み合わせていくことも検討しましょう。

墓石コーティングについて知ろう!施工の手順や方法を紹介

親などのお墓をできるだけきれいに保ちたいという人は、墓石コーティングをしてはどうでしょうか。墓石にコーティング剤を塗布することで、長い間きれいな見た目を保持することができるのです。お墓をコーティングすると言われても、何から始めていいかわからないかもしれません。

ここでは、墓石のコーティングに関する情報を紹介しています。施工の手順や方法も記載しているので、興味がある人は参考にしてください。

墓石コーティングによって得られる効果

お墓は紫外線を浴び続けると歳月の経過とともに色が薄くなっていき、雨や雪が降ると水が浸みて、石が徐々に脆くなっていきます。また、脆くなった石に風が吹きつけると風化が発生します。

そうなると、自然とお墓の見栄えが悪くなっていきます。しかし、墓石コーティングを施せば、紫外線や雨などからお墓を守ることができるのです。

墓石コーティングは紫外線を吸収する効果があるので、墓石は新品同様の輝きを保ち続けることができます。コーティングは水をはじき、風も代わりに受けてくれるので、墓石がボロボロになる心配もありません。

 

また、墓石コーティングはお墓に汚れが付着するのを防いでくれます。風に乗ってやってきた土ぼこりや花粉などは墓石ではなく、コーティング剤に付着します。墓石についた汚れを落とすのは大変ですが、コーティング剤は乾いた布でひと拭きするだけで表面についた汚れが取れるのです。

水との親和性が高いコーティング剤を使えば、雨が降ったときに汚れが自然に流れ落ちるというメリットもあります。お墓の掃除が楽になるという意味でも、墓石コーティングは重要な役割を果たします。

墓石コーティングの種類と施工手順

墓石コーティングの種類と施工手順

墓石コーティングの施工の流れを紹介します。コーティング剤を塗る前に、まずはお墓をきれいにしましょう。汚れが付いているとコーティング剤がうまくお墓に吸着しないからです。

水を流しながら柔らかい布でお墓を掃除したら、完全に乾いてからコーティング剤を塗り始めます。塗布にはウエスと呼ばれる布が適しています。

コーティング剤は少量ずつ塗っていきましょう。一度に大量に塗り付けると後でムラになる可能性が高いからです。

塗り終わったらあとは乾燥させれば施工手順は終了です。作業途中に雨が降ってはいけないので、作業予定日の天気はよく確認しておきましょう。

 

コーティング剤にはいろいろな種類があります。ガラスコーティングはシリカガラスの膜を張るもので、高い撥水性があるのが特徴です。雨水などを弾き、キズがつくのも防いでくれます。

光触媒コーティングは紫外線を吸収すると酸を出す性質があります。発生した酸には除菌作用があります。コーティングを目立たせたくないなら、光沢がでないシリコンコーティングを選びましょう。シリコンは墓石に浸みこんで保護膜を形成するので、コーティングが目立ちません。

自分で施工するときと業者に依頼するときの費用と注意点

自分で施工するときと業者に依頼するときの費用と注意点

先ほど紹介したガラス・光触媒・シリコンのコーティング剤は10,000円前後で販売されています。つまり、自分で墓石をコーティングしようとすればそのくらいの費用になります。

自分で施工するときの注意点は「正しいコーティング剤」を選ぶということです。ガラスコーティング剤は車のボディにも使用されます。市販されているコーティング剤を購入する前に、用途を必ず確認しておきましょう。

もし用途が「車のボディ」のみだったら、それは金属向けのコーティング剤で墓石に向かない可能性があります。

 

自分できれいに施工できる自信がないからプロに任せたいという人もいるでしょう。業者に任せた場合の費用の相場は、だいたい50,000~140,000円です。費用はお墓の汚れ具合や、使用するコーティング剤、依頼する業者によって左右されます。

お墓の汚れがひどいときは、まず掃除が必要なのでクリーニング料が高くなります。コーティング剤は長持ちする上等なものは高価格になります。そもそも依頼する業者によって料金が異なるので、まずは見積もりを依頼して適切な価格で施工してくれるか確かめるようにしましょう。

まとめ:墓石コーティングでお墓をピカピカに保とう

墓石コーティングにはお墓を守る効果があり、コーティング剤さえ手に入れば自分でも施工することができます。もちろん、失敗したくないから業者に依頼するという手もあります。

ここまで墓石コーティングについて紹介してきましたが、その効果や施工の手順・方法がわかったでしょうか。大切な人のお墓をきれいに保ちたいという人は墓石コーティングを検討してみましょう。

墓石に戒名を彫刻する意味は?費用相場や彫るタイミング

墓石に戒名を彫ることを不思議に感じたことはありませんか?

なぜ、戒名は亡くなられた方に授ける名前のことですが、やはりみなさん共通して気になるポイントは費用面は彫る時期やタイミングについてです。

今回は、そんな墓石の戒名について多くの方が気になる、彫る意味や費用の相場、そして戒名を彫る時期について紹介します。

墓石に戒名を彫刻することの意味とは

戒名というのは、本来は仏教で出家した人が生前に授かる名前です。

ですが、日本では戒名というのは、亡くなった後で僧侶が故人に授ける名称のことで、戒名を墓石に彫刻する意味は、故人が安らかに極楽浄土へと向かうことができるようにという願いが込められています。

通夜の前に菩提寺からいただいた戒名を、僧侶から伝えられるというのが一般的ですが、必ず戒名を墓石に彫らなくてはいけないのかというと、そういうことではありません。

戒名が必要になるのは、お寺でお墓を建てる時です。霊園などで建てる場合には、戒名でなくても建てることができます。

俗名を彫ってもよい?

俗名とは生前に名乗っていた名前のことですが、人によっては墓石には俗名を彫りたいという人もいるかもしれません。

墓石に俗名の方を彫刻することは禁止されているわけではありませんので、墓石に俗名を彫ることは特に問題はありません。墓石を建てる時に心配になったら、お寺さんや石材店に事前に確認しておくことも必要です。

墓石に戒名を彫刻する際の費用相場と内訳

費用内訳

墓石に戒名を彫刻してもらう時には、基本的には石材店に対して費用を支払います。

費用相場は一名あたり約3~8万円というケースが多いですが、墓石に戒名を彫刻する費用は、墓石を建てる地域や寺の場所、戒名の文字数によっても変わります。

墓石に戒名を彫刻してもらう時には、事前い墓石を建てる地域の石材店に確認するようにしましょう。

費用の内訳

墓石に戒名を彫刻してもらう対象となるのが、現在あるお墓に彫刻をするのか、それとも新しい墓石に彫刻するのかでも変わってきます。

現在あるお墓に彫刻するという場合には、彫刻費として約3~5万円、更に運搬費として約1~3万円がかかります。

なぜ、運搬が必要なのかというと、墓石への彫刻はその場で行われず、工場へと持って帰ってから戒名を彫刻することがあるからです。

現場彫刻(現地にてお墓に名前を彫る作業)の場合は運搬費はかかりませんので彫刻を依頼する石材店に確認しましょう。

また、新たな墓石に彫刻するという場合には、購入した墓石と一緒に請求されるということもあります。

この時に、内訳をきちんと記載されている場合もありますし、墓石とセット価格になっている場合もあるので、石材店に確認することが大切です。

墓石に戒名を彫刻する時期・タイミングは?

戒名の時期

墓石に戒名を彫刻する時期というのは、特に決まっているわけではありませんが、できれば四十九日法要や納骨式までには彫刻しておいた方がいいでしょう。

墓石に彫刻する時期も大切ですが、石材店に戒名を入れてもらうタイミングについても考える必要があります。

墓石に彫刻をするにはおおよそ2~3週間、天候によっては一ヶ月ほど期間が必要です。。

戒名の彫刻を頼んだからといって、すぐに彫刻出来るわけではないので、できるだけ納骨式に間に合うように依頼するようにしましょう。

まとめ

今回は、墓石に戒名を彫刻する意味や費用相場や彫るタイミングについてお伝えしましたが、大前提として、墓石に戒名を彫刻することは、極楽浄土へと向かう故人のことを想ってのことなのです。

初めて墓石を建立される方や戒名を彫刻される方は、さまざまな不安や疑問もあるかもしれませんが、まずは信頼できる石材店にご相談に行かれることをおすすめします。

墓石の文字色の種類と意味は?文字の補修方法も紹介します!

墓石に文字を刻むときには、選べる色の種類やそれぞれの色の意味、剥げた場合の補修方法などを一通り知っておいたほうがスムーズに作業が進みます。

日本の墓石の文字色は、仏教の精神と深く関わっていることがあります。この記事では、墓石に刻む色の種類と色別の意味について解説をします。補修の仕方についても紹介します。

墓石に入れる文字色の種類と意味は?

日本のお墓の文字には、白色や黒色などが多く取り入れられています。仏教の宗派が多い日本の場合、五色と呼ばれる色から選んで墓石の文字を刻むケースも少なくありません。

仏教では、お釈迦様の体や教えなどを5つの色で表す風習があります。五色の種類や各色の意味を、ここではまとめてみました。

白色

白色は、お釈迦様の歯の色と仏教では考えられています。清浄を表す白色には、穢れのない心で煩悩や悪業を清める意味があります。

黒色

お釈迦様の袈裟の色を表しているのが黒色です。仏教の黒色は、侮辱や誘惑、怒りなどに耐える忍辱の象徴です。

赤色

五色の赤色は、お釈迦様の血液の色を表しています。この色は絶え間ない慈悲の心で人々を救う精進の象徴として考えられています。赤色は、存命している人のお墓に文字を入れるときにも使われる色です。

青色

お釈迦様の頭髪の色を表している青色は、禅定や定根を象徴する色です。仏教で禅定や定根は、心を乱さずに穏やかに悟りを得ることを表す言葉です。

黄色(金色)

黄色(金色)は、お釈迦様の体の色です。金剛を象徴するこの色は、不動でゆるぎない姿や信心を表しています。

墓石の文字色には地域差がある?

墓石に刻む文字の色は、地域によっても多少傾向が変わります。墓石の文字色に地域性が見られるのが、関東地方、関西地方、九州地方です。

例えば、黒色で文字を入れるスタイルが人気なのが東京都をはじめとする関東地方です。全体が黒色で統一された墓石は、関東地方で多く見られるタイプに挙げられます。この地方のお墓の場合、漆黒の黒御影石に同じ黒色で文字を入れるときにはあえて彩色をほどこさないケースもあります。

大阪府や京都府などの関西地方では、白色で文字を入れるスタイルが人気です。グレーがかった白御影石の墓石に白色で文字を入れたデザインは、関西地方で人気を得ています。

金色で文字を入れた墓石が多く見られるのが、長崎県や熊本県などの九州地方です。

九州地方では、落ち着いた色調の金色で家名の文字や家紋をデザインするケースが少なくありません。このような地域の習慣の背景には、中国から伝わった文化の影響があると考えられています。

墓石の文字色が剥げたときや汚れたときの補修方法

墓石の掃除

墓石の文字色が剥げたときには、ペンキの塗り直しで補修ができます。黒色や白色などで文字が彩色されている場合、ペンキで色が仕上げられているケースが多いです。

このような文字色を補修する場合は、残っているペンキを落としてから新たな色を塗り直すことが必要です。ペンキの塗り直しは石材店でもおこなってくれます。

自分でDIYをする場合は、墓石の汚れなどを一通り落としてから作業を開始しましょう。ペンキを塗る前には、文字の周囲を養生テープなどでカバーしておくのがポイントです。

 

古いペンキは、市販の剥離剤を使うとスムーズに落とせることが多いです。古い歯ブラシなどに薬剤をつけ、墓石にキズをつけないように作業をおこなっていきましょう。文字の部分にシーラーを塗っておくと、ペンキが密着しやすくなります。

文字が汚れてしまった場合は、石材店でクリーニングをしてもらう、またはペンキを塗り直す方法でキレイな状態にリニューアルができます。

まとめ:色の種類や意味、補修方法を理解しておけば安心

墓石の文字色には五色と呼ばれる5つの種類があり、それぞれの色が仏教の精神につながる意味を持っています。この記事で解説した意味を一通り理解していると、お墓を建てるときにどの色で文字を入れるかが決めやすくなるかもしれません。

補修方法がわかっていれば、後に文字の色が剥げたり汚れたりしてもすぐに対処ができるでしょう。