納骨・追加彫刻

市原市営能満霊園・市原市営海保霊園
・長南町営笠森霊園の
納骨・追加彫刻はお任せください

納骨式までの手順

1. 納骨の時期を決める​

1. 納骨の時期を決める

お墓にお骨を納める時期は、一般的に四十九日忌(満中陰)の法要と併せて行うことが多く、これまでの期間は自宅の中陰壇に安置します。

しかし、必ずしも四十九日忌でなければならないわけではなく、地域によっては、火葬後、すぐにお墓に納める場合もあれば、初七日だけで、次は納骨ということもあり、また、初七日から四十九日の間に、遺族で決めた日にお墓に納めることもあります。

葬儀のあとの法要や納骨については、分からないことがあればいつでもご相談ください。

2. お寺様にご依頼​

2. お寺様にご依頼

お骨を納める場所と時期が決まったら、墓地で納骨(埋葬)法要を行います。まず、お寺様のご都合をお聞きし、法要の予約が取りづらい場合もありますので、なるべく早めに相談しておきましょう。(霊園などにお墓がある場合は、霊園の管理事務所にも連絡)

塔婆が必要な場合も早めに依頼しましょう。そして、四十九日忌の法要を行い、墓地で納骨式を行います。

花、線香を供え、墓地に故人の供養のために卒塔婆を(宗派による)立てます。僧侶が読経を行い、参列者が順番に焼香をして、納骨式を終えます。

3. 石材店に字彫りを依頼(追加彫刻)​

3. 石材店に字彫りを依頼(追加彫刻)

石材店に電話し墓石を開ける手配をしておきます。納骨式はお墓の前で行い墓石を開けて、石材店が骨壺を納骨室に納めます。(地方によっては、骨壺より骨を出して納めます。)それから、墓石を閉めます。

お墓に戒名やお名前を新たに彫る場合は石材店に依頼が必要です。早ければ数日で出来ますが、余裕を持って2~3週間はみておくといいでしょう。

納骨法要で遺族が持参するもの

お骨をお墓に納めるには、埋葬許可証がなければなりません。これを忘れると、埋葬(納骨)ができないので、無くさないように管理し、当日は必ず認印と共に持参しましょう。

  • ご遺骨
  • 火葬証明証(埋葬許可証)
  • 墓地の利用許可書
    (お寺の墓地や地域墓地では、不要な場合もあります)
  • 印鑑(認印)
  • お数珠
  • お供物(お花、果物、線香、ろうそく等 )
  • お布施(お車代、お斎料も)

納骨法要の流れ

① お墓の掃除​

① お墓の掃除

当日は、法要が始まる前にお墓に行き、お墓を丁寧にお掃除します。ご先祖様のことですので、石材店任せにせず、可能であれば率先して、家族の皆さんがお掃除されることをおすすめします。もし納骨の当日、ご自宅やお寺にて読経し、お墓へ移動する場合は、石材店に全面的にお願いするのが良いでしょう。掃除が終わったら、家族で手分けしてお供物を供えたり、お花を生けたりします。

② お経・焼香​

② お経・焼香

準備が終わったら、ご住職様のお経が始まり、流れに沿って、ひとりずつ焼香し、納骨法要が終了します。法要と納骨が終わったら、僧侶にお布施を渡します。

白木の位牌は四十九日忌までのものなので、納骨や四十九日忌を過ぎた後の新たに仏壇に祀る本位牌に入魂(開眼式)四十九日忌の法要は、故人が亡くなったあとにあの世での運命が決まる日とされており、正式な忌明けにあたります。

このため、法要の後には参加者全員で供養の意味で会食をすることが多く、これは自宅や菩提寺、霊園の近くの料亭やレストランなどで行えばよいでしょう。会食の席では、施主はまず納骨を無事に終えたお礼を述べ、忌明けの挨拶も併せて行います。

納骨の事務手続き

納骨の前に、霊園や墓地の管理事務所等で、納骨の手続きが必要な場合があります。ここで、埋葬許可証を提出したり、印鑑が必要になったりしますので、詳しくは石材店(霊園)の担当者に、お聞きください。

納骨の事務手続き​

納骨・追加彫刻の費用

納骨・追加彫刻の費用

納骨費用:22,000円〜

追加彫刻:33,000円〜(1霊分)

詳細についてはお気軽にお問い合わせください。