市原市 | 久々津共同墓地 | 解体・撤去工事 | O様家

解体前 解体後

施工内容

・石塔1基、灯籠1本、外柵(6㎡)、基礎部分(12㎡)解体撤去
・お骨出し

備考

今回の解体工事はトラック1台がギリギリ入る街道から離れた所にある共同墓地でした。
基礎となる土台部分が12㎡の大きさとかなりの深さがあったので職人5人とトラック4台を動員して2日掛かりの解体撤去作業になりました。
時間と手間は掛かりましたが無事綺麗に撤去し終えました。

施工工程

・トラック1台がギリギリ入る幅の道を通っていきます。

・まず石塔から取り外していきます。

・搬出先にお墓がある為クレーンを最大まで伸ばしてゆっくりと慎重に墓石を搬出します。

・石塔の台座(芝台)を搬出します。

・外柵部分を取り外し搬出しやすくするため墓石を大型ハンマーで真っ二つに割ります。

・外柵を搬出し終えた後に中心部分に埋まっているカロート(納骨棺)を掘り出します。

・残りの基礎部分のコンクリートを削岩機で掘削していきます。
(コンクリートの厚みがかなりあり鉄筋もしっかりと入っている為、解体に時間が掛かりました。

・基礎部分のコンクリートに配筋されている鉄筋をグラインダーで切断して掘削していきます。

・基礎部分の解体したコンクリートや残骸を綺麗に撤去し、新しい山砂を入れ更地に戻します。

・解体・撤去工事の完了です。

関連記事