市原市 | 法光寺 | 2.1㎡墓地 | 洋型新規建立工事 | O様家

施工内容

・新規墓石建立

備考

・市原市の法光寺境内墓地にて新規墓石建立工事をしました。
・洋型で石塔にグレー色系の御影石と外柵に白御影石を使用したお墓です。

施工工程

・まずは基礎部分からの施工です。地盤面(GL)から深さが約30cm床掘し割栗石を敷き詰めた上から目つぶし用の砕石を入れ転圧を掛けます。
転圧を掛けた上から
・水抜き用の型枠を中央に設置します。
・9mmの鉄筋を格子状(15cm間隔)に組んでいきます。
(鉄筋を入れることでコンクリートを打設した際、強度が増します)

・中央の両脇に水抜き用の型枠を入れます。

・型枠内にコンクリートを打設していきます。

・全面にコンクリートを打設し左官ごてで均します。

・2週間ほどでコンクリートが乾き型枠を撤去した状況です。

・外柵の根石(土台部分)を組み上げていきます。

・外柵の接合部分に墓石専用の強力な特殊ボンドで接着し、さらに地震などで外れないようにステンレス製の金具で根石内側の四隅を固定します。

・カロート部分(納骨室)と羽目(囲い石)を設置していきます。

・塔婆立・敷石を設置し石塔を乗せる芝台(台座)の接着面に墓石専用の耐震ボンドを付けます。

・芝台と上台を設置し上台に耐震棒を設置します。
(耐震棒を設置することで棹石部分が地震で倒れることを予防します)

・墓誌を設置します。

・すべての目地に墓石専用耐震コークングを充填します。

・無事完成です。

関連記事