施工事例

市原市 | 法光寺 | 2.1㎡墓地 | 洋型新規建立工事 | O様家

施工内容

・新規墓石建立

備考

・市原市の法光寺境内墓地にて新規墓石建立工事をしました。
・洋型で石塔にグレー色系の御影石と外柵に白御影石を使用したお墓です。

施工工程

・まずは基礎部分からの施工です。地盤面(GL)から深さが約30cm床掘し割栗石を敷き詰めた上から目つぶし用の砕石を入れ転圧を掛けます。
転圧を掛けた上から
・水抜き用の型枠を中央に設置します。
・9mmの鉄筋を格子状(15cm間隔)に組んでいきます。
(鉄筋を入れることでコンクリートを打設した際、強度が増します)

・中央の両脇に水抜き用の型枠を入れます。

・型枠内にコンクリートを打設していきます。

・全面にコンクリートを打設し左官ごてで均します。

・2週間ほどでコンクリートが乾き型枠を撤去した状況です。

・外柵の根石(土台部分)を組み上げていきます。

・外柵の接合部分に墓石専用の強力な特殊ボンドで接着し、さらに地震などで外れないようにステンレス製の金具で根石内側の四隅を固定します。

・カロート部分(納骨室)と羽目(囲い石)を設置していきます。

・塔婆立・敷石を設置し石塔を乗せる芝台(台座)の接着面に墓石専用の耐震ボンドを付けます。

・芝台と上台を設置し上台に耐震棒を設置します。
(耐震棒を設置することで棹石部分が地震で倒れることを予防します)

・墓誌を設置します。

・すべての目地に墓石専用耐震コークングを充填します。

・無事完成です。

木更津市 | 木更津市営霊園 | 芝墓地 | 洋型新規建立工事 | O様家

施工内容

・新規墓石建立

備考

・木更津市市営木更津霊園の芝生の墓地にて新規墓石建立工事しました。
・桜色の墓石を使用したシンプルな形のお墓です。
・明るい色合いで芝生に映えておりお客様にも満足して頂きました。

施工工程

・芝墓地のカロートは作り置きですでに設置してあります。
・カロート内を綺麗の掃除します。

・台座の部分に耐震用の震棒と接着剤を設置します。

・棹石を設置します。

・目地に墓石専用耐震コーキング剤を充填します。

・拝石と花立香炉台を設置して完成です。

市原市 | 寺院墓地 | 4㎡墓地 |洋型新規建立工事 | S様家

施工内容

・新規墓石建立

備考

・市原市の寺院墓地にて新規墓石建立工事しました。
・洋型のグレー系御影石を使ったお墓です。
・親柱を大きく設計したので重量感があり立派なお墓になりました。

施工工程

・弊社基準の基礎を施工しコンクリートが乾いた状況です。

・型枠を取り外し外柵を設置していきます。

・階段と親柱を設置します。

・外柵四隅の接合部分に墓石専用の強力な特殊ボンドで接着し、さらに地震などで外れないようにステンレス製の金具で固定します。

・カロート(納骨室)を設置します。

・羽目を設置します。

・敷石を貼る下にモルタルを打設します。

・塔婆を設置して外柵が完成です。

・石塔、墓誌を設置します。弊社基準の耐震棒と墓石専用の耐震コーキング材を使用しています。

・無事完成です。

市原市 | 市営能満墓園 | 4㎡墓地 | 洋型新規建立工事 | M様家

施工内容

・新規墓石建立

備考

・市原市営能満墓園の4㎡の墓地にて新規墓石建立工事しました。
・丘カロートタイプの洋型で白御影石を使用したお墓です。
・地面からの段差が低くシンプルなデザインなのでお手入れもしやすいお墓です。
・お客様にも満足して頂きました。

施工工程

施工前の更地の状況です。

基礎となる部分を約30㎝掘り下げます。

外堀に型枠を嵌め床底に割栗石を隙間なく並べランマーを使用し転圧を掛け地盤を固めます。
水抜き用の型枠を入れ周囲を9㎜の鉄筋を格子状に組みます。(鉄筋を入れることでコンクリートを打設した際、強度が増します)

生コンクリートを打設します。

コテを使いコンクリートを均していきます。コンクリートを乾燥させるため1週間ほど待ちます。

コンクリートが乾いたので外柵部分を設置します。

外柵四隅の接合部分に墓石専用の強力な特殊ボンドで接着し、さらに地震などで外れないようにステンレス製の金具で固定します。

フロアー用の板石を張り付けていきます。

中央のカロート部分の外柵を設置し後方の接合部分にも特殊ボンドとL字型金具を施工します。

棹石を設置し全体の目地を墓石専用耐震コーキングで施工します。

墓誌を設置します。

無事完成です。

習志野市 | 習志野海浜霊園 | 石塔新規建立・墓域内貼り石工事 | M様家

施工内容

・墓域内石貼り施工(リフォーム)
・新規石塔建立

備考

・習志野市の市営墓地・習志野海浜霊園の墓地にて新規石塔建立工事と
墓域内の植木撤去、玉砂利部分を石貼りの施工をしました。

・施工前の段階です。

植栽を撤去し現状あるモルタルをドリルで崩し、砂利・残土等を撤去しております。

2区画の中央にある仕切りの石を外し高さを調整しました。この作業をしないと貼石との段差が出来てしまうので水が溜まってしまいます。

中央の仕切りの根石と後ろ側にある根石を外しレベルを調整しております。

後ろ側にある劣化しズレていた部分の石を取り外し特殊なボンドを使い再設置させていただきました。

敷石(貼石)の下はモルタル仕上げになるのでその下を平らにし砂と砂利を使って転圧を掛け絞め固めております。

左側に新規墓石を設置します。カロート(納棺室)の上に芝台を設置します。

棹石の下にある上台とお石塔の間にステンレス製の耐震棒が入っており設置します

左側新規墓石が設置し終え、敷き石(貼石)の下をモルタルで仕上げ1週間ほど空け乾かしました。

墓域内モルタルが乾燥したので敷石を貼っていきます。敷石の下はモルタルで仕上げ砂でレベルを取りながら
1枚1枚丁寧に敷石を貼っております。後ろ側に雨水が溜まらないように前側に傾斜をつけて施工していきます。

古い目地を出来るだけ外し新たに石材専用のコーキングで目地をしております。

墓誌の台の下は倒れないように特殊なボンドで貼り付けております。

リフォームと石塔建立の完成です。

船橋市 | 船橋やすらぎの杜 | 洋墓 | 新規建立工事 | T様家

施工内容

・新規石塔建立

備考

・船橋市の「船橋やすらぎ杜」で新規にお墓を建立しました。
・白御影石の洋型タイプです。

・基礎の上に外柵を組んでいきます。
・接合部分は墓石専用のセラミックボンドを使用し強力に接着します。

・接合部分の四隅に耐震用L型金具を装着するアンカーボルト用の穴をあけます。

・角隅に耐震用L型金具を設置します。
・金具を付けることで地震で倒壊することを予防できます。

外柵を組み上げていきます。

・上台を設置し耐震棒を設置します。

・棹石(頭)の部分と上台を設置する際、耐震棒を入れることによって地震の揺れで倒壊しにくくします。

・墓誌用前蓋と拝石、花立香炉を設置します。

お墓の完成です。

千葉市 | 東禅寺:境内墓地 | 3.2㎡墓地 | 和型新規建立工事 | K様家

施工内容

・新規墓石建立

備考

・千葉市のお寺、東禅寺境内墓地3.2㎡の墓地にて新規墓石建立工事しました。
・和型の石塔に国産の白御影石を使用したお墓です。
・肌理の細かい国産御影石を使用しているのでシンプルな形ですが荘厳な雰囲気が出ています。

施工工程

施工前の段階です まずは合掌し施工へ入ります。

床掘します。他社に比べしっかりと深く掘ります。

地盤面(GL)から奥側一番低い所の深さが80cm、通路側手前が約60㎝です。若干傾斜地の為、後ろ側を強度を高くするため深く掘りました。
※写真奥側は通路より約80㎝掘っています。
※写真手前側は通路より約60㎝掘っています。
※写真手前は通路【地盤面:GL】

新しい山砂を全体に約30㎝入れ天然石の割栗石を敷き詰めます。

画像でもお分かりになると思いますが、縦長の割栗石を立てて敷き詰める事により強度が増します。当社施工の強みの中の1つです!!

9mmの鉄筋を格子状(15㎝間隔)に組んでいきます。(鉄筋を入れることでコンクリートを打設した際、強度が増します)

全面の型枠設置後、左右後の水抜き用の型枠と中央部納骨室の型枠枠組みが完成しました。前面部分には生コンクリートを打設しています。

全面に生コンクリートを打設します。

コテを使いコンクリートを均していきます。コンクリートを乾燥させるため1週間ほど待ちます。

・一週間程経ちコンクリートが乾燥した状況です。
・型枠を外していきます。

外柵部分を設置していきます。

外柵の接合部分に墓石専用の強力な特殊ボンドで接着し、さらに地震などで外れないようにステンレス製の金具で固定します。

左右の砂利の下はすべて山砂を使用し表面は五色砂利を敷き詰めております。
※写真左側には墓誌を据えるための基礎石が設置されています。
※右側の山砂の上に五色の玉砂利が入ります。

芝台、上台を設置します。設置する際も墓石専用の強力な特殊ボンドを使用します。

棹石部分と上台部分を耐震棒に合わせて設置します。ステンレス製の棒があることで地震に強くなります。

墓誌を設置します。

無事完成です。

佐倉市 | 六崎共同墓地 | 3.2㎡墓地 | 洋型新規建立工事 | K様

施工内容

・新規墓石建立

備考

・佐倉市の六崎にある共同墓地の3.2㎡墓地にて新規墓石建立工事しました。
・洋型の石塔にインド産の黒御影石M10を使用したお墓です。

施工工程

施工前の更地の段階です。

基礎となる部分を約30㎝床掘します。

床底に割栗石を隙間なく並べます。

ランマーを使用し転圧を掛けます。(割栗石を転圧することで地盤を絞め固めます)

外側と中央の納骨用・左右水抜き用の型枠を設置します。9mmの鉄筋を格子状に組んでいきます。(鉄筋を入れることでコンクリートを打設した際、強度が増します)

・生コンクリートを打設します。
・コテを使いコンクリートを均していきます。
・コンクリートを乾燥させるため1週間ほど待ちます。

コンクリートが乾燥したので型枠を外し基礎の上に外柵部分を設置していきます。

外柵部分を設置していきます。

外柵四隅の接合部分に墓石専用の強力な特殊ボンドで接着し、さらに地震などで外れないようにステンレス製の金具で固定します。

お骨を入れる納骨棺(カロート)を設置します。

外柵フロア内に御影石を貼っていきます。(石を貼る際、雨水が後ろ側に溜らないよう前側に傾斜を付けます)

完成した外柵に芝台を設置します。設置する際も墓石専用の強力な特殊ボンドを使用します。

上台部分に耐震用のステンレス製耐震棒を設置し、特殊ボンドを使用します。

棹石部分と上台部分を耐震棒に合わせて設置します。ステンレス製の棒があることで地震に強くなります。

墓誌を設置し無事完成です。