お客様のご家族に寄り添い、お客様のご家族と共に創り上げる

お客様のご家族に寄り添い、お客様のご家族と共に創り上げる

霊園と墓地の意味の違いとは?それぞれのメリットとデメリット

墓所➀

霊園と墓地はよく耳にする言葉ですが、この二つの違いをご存知でしょうか。じつは霊園と墓地にはお墓を建てる場所の違いのほか、それぞれにメリットやデメリットがあり、どちらを選ぶかで利便性や費用面が大きく変わります。

今回は霊園と墓地の違いについて詳しく説明すると同時に、それぞれの長所や短所について解説します。

霊園とは

霊園とは国語辞典によると「区画をきちんと立てて整えた広い共同墓地」という意味で説明されています。霊園とはこのように広大な土地を区画してお墓が建てられている場所を指し、多くの霊園では参拝者用の駐車場やトイレなどの設備が備えられています。

霊園の大きな特徴が、特定のお寺に属さないために宗派や国籍といった縛りが少ないという点です。つまり霊園は、基本的に「誰でも自由に」お墓を建てることが可能です。

霊園には、都道府県や市町村などの地方公共団体が運営する「公営霊園」と、宗教法人や公益法人といった民間の団体が運営する「民営霊園」の二種類が存在し、それぞれに特徴やメリット・デメリットがあります。

詳しくは後述しますが、霊園でお墓を建てる際にはこの二つの違いについて事前にしっかり確認しておくことが大切です。

霊園と墓地の違い

袖ケ浦市営墓地公園

霊園とよく似た言葉に「墓地」がありますが、霊園と墓地の大きな違いはお寺の敷地内にあるかどうかです。郊外の広大な敷地に作られることが多い霊園とは違い、墓地はお寺の境内にあるものを指します。

では霊園にお墓を建てる場合と、お寺の墓地にお墓を建てる場合とで、何か特別な違いがあるのでしょうか。

先ほど霊園の特徴のところで、霊園は「特定のお寺に属さない」と説明しました。一方、寺内の墓地にお墓を建てるということは、「檀家」になってその寺に属することになります。

檀家とはその寺に対してお布施などをして、財政や運営を助ける家のこと。つまりわかりやすく言えば、そのお寺のサポーターになるということです。

お寺にはそれぞれ宗派があるので、霊園とは違い誰でも自由にお墓が建てられるわけではありません。このように霊園にお墓を建てることと寺の墓地にお墓を建てることは、場所や呼び方が異なるだけでなく、意味合いも変わってくるのです。

霊園のメリット・デメリット

霊園は特定のお寺に属さないため、基本的に宗派や国籍を問わず誰でも自由にお墓を建てることができるというメリットがあります。

しかし広い敷地ゆえに霊園は郊外に位置する場合が多く、お参りに行きにくいという点がデメリットです。また、僧侶の手配などを自分たちで行う必要があり、法事の際には手間が掛かります。

先ほど説明した通り、霊園には「公営霊園」と「民営霊園」の二種類があり、それぞれメリットやデメリットが異なります。ここからは、公営と民営とに分けて解説します。

公営霊園のメリットとデメリット

公営霊園は都道府県など地方公共団体が管理する霊園で、寺院墓地や民営霊園に比べて使用料や管理費が割安なのが特長です。

しかし、その代わり人気が非常に高く、倍率が高くなっています。空きが出てからの募集開始となるので、すぐにお墓を建てられるわけではありません。また抽選なので区画を自由に選べず、お墓を建てる際にも形状やデザインの制約を受けることが多いです。

民営霊園のメリットとデメリット

公営霊園に比べると、民営は送迎バスやお墓参り代行など利用者目線のサービスが充実している霊園が多くあります。また、区画が自由に選べるほか、お墓の大きさやデザインも自由に選べるところが多いというのも、メリットのひとつです。しかし、その分、公営に比べてランニングコストが高くなる傾向があります。

寺院墓地のメリット・デメリット

境内墓地
境内墓地

自宅の近くにある寺院にお墓を建てれば、いつでも好きな時にお参りに行くことができます。また、法要とお参りを同じ場所で一度に済ませられるのも、大きなメリットです。

寺院墓地にお墓を建てるということはその寺の檀家になることになりますが、その分手厚い法要を受けられることになりますし、困った事があればいつでも僧侶に相談できるのは利点です。

その反面、檀家としてのお務めがあったりお布施など出費が多くなったりします。

まとめ

霊園と墓地の違いについては理解できたでしょうか。それぞれにメリットやデメリットがあり、お墓選びをする際にはぜひ今回のポイントを押さえておくことをおすすめします。

お墓は大切な人が眠る場所。しかし残された家族の費用負担やお参りの利便性も同時に考える必要があります。故人とご家族の双方にとって、理想的なお墓選びの参考になれば幸いです。

関連記事

error: Content is protected !!