お客様のご家族に寄り添い、お客様のご家族と共に創り上げる

お客様のご家族に寄り添い、お客様のご家族と共に創り上げる

永代供養の費用は案外安い?メリット・デメリットも含めて紹介

永代供養墓

核家族化や少子化が進む中、管理する人がいない、お墓が遠くてなかなか行けないなどお墓の維持管理に悩む人は少なくありません。そんな中で注目されているのが永代供養です。

しかし永代供養とはいったいどういうものなのか、費用はどのくらいかかるのかわからない人も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、永代供養の費用やメリット・デメリットについて解説します。

永代供養とは?種類についても解説

墓地が遠くてお墓参りに行くのが困難、あるいは子孫がなく墓守をする人がいない等、お墓に関する悩みを持つ人も多いのではないでしょうか。こうした悩みを解消してくれるのが永代供養です。

永代供養では、遺骨の管理や供養をすべて寺院や霊園が行います。そのため子供や親族のいない方でも安心ですし、墓地が遠い場合でも出かけていく負担はなくなります。

永代供養には、いくつかの種類があります。

合祀墓

永代供養の中で最も多いのはこの合祀墓(共同墓・合葬墓)と呼ばれるタイプです。お墓は一人一人ではなく合祀、つまりまとめて一つのお墓に納められています。

個別安置型

通常のお墓と同じように、一人一人に墓石が設けられているものです。

集合安置型(納骨塔型)

モニュメントを建てて中にたくさんの区画を設け、それぞれに一つ一つの骨壺を納めるタイプです。

ロッカー型

ロッカーの中に個別に遺骨を納めるもので、屋内施設となっています。

霊廟型

こちらも屋内施設ですが、仏壇を置くことができます。個別安置型の屋内タイプと考えるとわかりやすいでしょう。”

永代供養の費用相場

永代供養の費用はタイプによって様々で、おおむね5万円から150万円程度と幅広いです。大まかな傾向としては専有スペースが広いほど高いので、高額な順に個別墓・集合墓・合祀墓となります。個別墓の場合は墓石代もプラスになるので、墓石の価格によっても違ってきます。

永代供養料を含む費用相場は、個別墓が50万円~150万円、集合墓が20万円~60万円、合祀墓が5万円~30万円です。合祀墓は個別の納骨スペースが不要なため、永代供養料のみとなっています。

永代供養のメリット・デメリットとは

安穏浄苑:永代供養墓
安穏浄苑:永代供養墓

永代供養のメリット

永代供養の最大のメリットは、お墓の維持管理の手間がないということです。お墓は定期的に訪れて草取りなどの手入れをしないとたちまち荒れ果ててしまいますが、そうした手入れは寺院や霊園の管理者が行います。

お墓が遠い場所にあるので行くのが大変な人、また忙しく時間が取れない人にとっては大きなメリットがあるといえるでしょう。身寄りがなくお墓の面倒を見てくれる人がいないという場合でも安心です。

また、合祀墓や集合墓の場合は、一般的なお墓に比べて費用が安いというメリットもあります。

永代供養のデメリット

合祀墓の場合、お骨を一人一人別々にせず一つにまとめてしまうので、心理的に抵抗があるという人もいるかもしれません。また、お骨を取り出すことができないので、のちに分骨や改葬を行うことは不可能です。

なお、単独墓や集合墓の場合も、一定期間が過ぎると最終的には合祀という形になります。また単独墓の場合は代々受け継ぐことができず、一つのお墓に親子2代で最大6人程度までしか入ることができないので注意が必要です。

永代供養が向いている人と適切な選び方

東光寺 永代供養墓
永代供養墓

永代供養はお墓を守る人を必要としないので、子や孫などの後継ぎがいない人、あるいは子供に手間を掛けさせたくないという人に向いています。

家ごとにお墓を立てて代々引き継いでいく、というこれまでの方法とは違うシステムなので、新しいやり方に抵抗がない人、あるいは「家」にとらわれた従来の方法を好まない人にも相性の良い方法といえます。

選ぶときには料金や場所、供養や納骨の方法などをよく吟味するのがおすすめです。信頼できる施設を選ぶことも大切なので、施設の方針をよく見極め、また下見に訪れた際のスタッフの対応などもチェックしておくと良いでしょう。

複数の施設を見学し、比較してみるとそれぞれの特徴がよくわかります。

まとめ

永代供養の費用相場やメリット・デメリットについて理解できたでしょうか。永代供養は従来の供養の方法とは異なる点が多く、人によって向き不向きがあるのでしっかりと検討することが必要です。

一方で、様々なバリエーションを持つ永代供養は、従来の方式に疑問を持つ人にとっては良い選択肢を提供してくれるものともいえます。興味のある人はぜひ実際の施設を見学してみてはいかがでしょうか。

関連記事

error: Content is protected !!