墓石

墓石の修理を考えるタイミングや費用相場

墓石の修理を考えるタイミングや費用相場

丈夫な石を組み上げ作られている墓石は、基本的に長い耐久性を誇ります。しかし先祖代々、受け継がれていく中で、避けられない劣化も生じます。

ある程度の段階に差し掛かったら手入れも必要となりますが、どのような時に修理を考えたほうが良いのでしょう。また、修理にはどのくらいの費用が掛かるものなのか、気になる疑問を解説していきます。

墓石の修理が必要になる場合とは

墓石の修理が必要になる場合とは

墓石の修理を考えたほうが良い状態として、分かりやすいのはボロボロになったと感じられる時です。長年、雨風に晒されることで、丈夫な石でも風化してしまいます。

本来は美しく滑らかさのあった墓石も、やがては劣化が目に見える形で表れ、時代の変遷を感じさせられるものです。角欠けや竿石のヒビ割れなど、こうした劣化は今後も症状が大きくなることが考えられるため、早めの修理で対策を講じることが推奨されます。

墓石のズレを確認できる場合も修理を検討しましょう。昔に建てられた墓石や、地震や台風の影響を受けた時など、本来の台座の位置から動いてしまっていることがあります。

バランスが崩れた状態のままですと、今後、何かの拍子に倒壊をしてしまう恐れがあるほか、参拝者も落ち着いてお参りをしづらいものです。人を巻き込んでしまう可能性もあることから、気付いた時には速やかに適切な位置へと修正を行うことが大切です。

墓石の修理内容とかかる費用

墓石の修理内容とかかる費用

修理がきかないほどの状態ではない限り、今ある墓石を直し整えることができます。例えばヒビ割れが起こっている場合、目地にコーキング剤を入れて隙間を埋めることも可能です。

簡単な修理で済むようなら、3~5万円程度の費用に収まります。ただ、あまりにも深いヒビ割れで、修理が困難となる場合ですと、一旦直したとしても耐久性の面で不安が残るため、建て替えが推奨されることもあるでしょう。

角欠けですと2万円前後から修理を行えることが多いですが、一箇所あたりの費用計算となるため、補修が数箇所に及ぶとそれだけ負担は増します。

ズレのトラブルに関しては、5~30万円ほどの費用で考えておいたほうが良いでしょう。これだけ金額に幅がある理由は、状態次第で作業内容が大きく変わるからです。

軽度のズレならば費用も安くて済みますが、墓石の組み直しから必要となる場合はその限りではありません。墓石のズレに伴い目地の破損などが起こっていることもあるため、補修が必要な箇所も多くなってしまうのです。

墓石修理は自分でできる?頼むならどこに依頼するべきか

墓石修理は自分でできる?頼むならどこに依頼するべきか

 

費用の節約のために自力での墓石修理を考える人もいるかもしれません。少しのヒビ割れといった、軽度の症状ならば自分でも直せることがあります。

必要な道具を買い揃えても、数千円程度で済みますので負担もコンパクトです。ただ、大きなズレが生じるなどして危険な状態になっている場合に、無理に直そうとするのは要注意と言えます。

倒壊をしそうな状態にもかかわらず、素人修理で済ませてしまうと思わぬトラブルに発展しかねません。人を巻き込んだり隣のお墓を傷付けたりなども考えられる以上、管理をする者には適切な判断が求められます。

御先祖に安心をして眠ってもらうためにも、無用なトラブルを引き起こさないためにも、修理は専門業者に依頼をすることが大切です。

石材店や墓石リフォーム会社など、こうした業者が修理を請け負ってくれます。正しく直すことで墓石の寿命も延び、結果的に費用の節約にも繋がるはずです。

まとめ:墓石のことなら専門業者にお任せ

修理を検討したほうが良い状態や、掛かる費用の目安などを解説してきましたが、全容を掴めたのではないでしょうか。決して安くはない費用が掛かることもあるため、修理を躊躇ってしまう人もいるかもしれません。

しかしながら、墓石の劣化を放置しておくメリットはない上、他人に迷惑を掛けてしまう恐れもあることから、プロに依頼をして適切に修理をしてもらうことが推奨されます。

関連記事

墓石の修理を考えるタイミングや費用相場

墓石の修理を考えるタイミングや費用相場

丈夫な石を組み上げ作られている墓石は、基本的に長い耐久性を誇ります。しかし先祖代々、受け継がれていく中で、避けられない劣化も生じます。 ある程度の段階に差し掛か

【長南町笠森霊園年内特別募集】

芝墓地 4.0㎡ 一般墓地 4.0㎡・6.0㎡・8.0㎡   ※今回の募集はお遺骨のない方遠方にに居住の方どなたでもお申し込みいただけます。 詳しくは