お客様のご家族に寄り添い、お客様のご家族と共に創り上げる

お客様のご家族に寄り添い、お客様のご家族と共に創り上げる

はじめてお墓を建てられる方へ

市原市 | 市営能満墓園 | 4㎡墓地 | 洋型新規建立工事 | M様家

施工内容

・新規墓石建立

備考

・市原市営能満墓園の4㎡の墓地にて新規墓石建立工事しました。
・洋型の石塔にグレー系の御影石、外柵に白御影石を使用したお墓です。
・段差があまりないフラットでシンプルなデザインなのでお手入れもしやすいのお墓です。

施工工程

施工前の更地の段階です。

基礎となる部分を約30㎝掘り下げます。

外堀に型枠を嵌め床底に割栗石を隙間なく並べます。

ランマーを使用し転圧を掛けます。
(割栗石を転圧することで地盤を絞め固めます)

中央の納骨用型枠と水抜き用の型枠を設置します。

9mmの鉄筋を格子状に組んでいきます。
(鉄筋を入れることでコンクリートを打設した際、強度が増します)

生コンクリートを打設します。

コテを使いコンクリートを均していきます。コンクリートを乾燥させるため1週間ほど待ちます。

コンクリートが乾燥したので型枠を外します。

外柵部分を設置していきます。

外柵四隅の接合部分に墓石専用の強力な特殊ボンドで接着し、さらに地震などで外れないようにステンレス製の金具で固定します。

お骨を入れる納骨棺(カロート)を設置します。

外柵フロア内に御影石を貼っていきます。
(石を貼る際、雨水が後ろ側に溜らないよう前側に傾斜を付けます)

羽目(囲い部分)を設置します。

外柵部分の完成です。

芝台、上台を設置します。設置する際も墓石専用の強力な特殊ボンドを使用します。

上台部分に耐震用のステンレス製耐震棒を設置し、特殊ボンドを使用します。

棹石部分と上台部分を耐震棒に合わせて設置します。ステンレス製の棒があることで地震に強くなります。

墓誌を設置します。

無事完成です。

関連記事

error: Content is protected !!