お客様のご家族に寄り添い、お客様のご家族と共に創り上げる

お客様のご家族に寄り添い、お客様のご家族と共に創り上げる

お墓を引っ越しする場合の流れや費用相場は?

お墓を引っ越しする場合の流れや費用相場は?

お墓を引っ越しする際の手順ですね。現在あるお墓のところをまず墓じまいしないといけません。

その時にまず当社も遠方であっても解体することは可能なんですけれども、交通費がかかってしまうので、場所によっては地元の石屋さんで解体することをお勧めいたします。

その時に費用が大体の相場が平米5万円から10万円になります。

ここでなぜばらつきがあるのかというと、車両が入るのかどうか、そして作業がしづらい、しやすい現場なのか、そのあたりによっても費用が変わってきます。

人工が必要、何人必要、お墓をただ解体するだけでなくその下の下地の基礎工事を基礎の中にも鉄筋が入ったりしてるので、全部解体する必要があってきれいに更地に戻さないといけないです。

今まで何十年もお世話になったお寺の土地だったりとか敷地ですので、しっかりと更地に戻す義務があると思います。

手続きとしてはその今現在あるお墓の行政・市役所の方で改葬許可申請書の手続きを行う必要がございます。

場所によってもインターネットで市役所のホームページのところからダウンロードできてプリントすることができるので、手順としてはダウンロードする、もしくは郵送で行政の方から送ってもらう、送ってもらった書類に情報を書き込むんですね。

それを墓地のあるお寺さん、もしくは霊園の方で記載していただく必要があります。

それを記載していただいたら市役所の方に提出して、最終的に改葬許可申請書の許可がおりるのが一般的な流れですけれども、行政によっても変わってくるので、しっかりと役所のほうとコミュニケーションを取ってお聞きした方がよろしいかと思います。

そしてその墓石をお石塔だけなのか、形状が変われば間口、奥行きが変われば全部を持ってくることはできないし、劣化したお墓を持ってきても途中で崩れたりする可能性があるので、現状をまず石屋さんに見ていただく必要があります。

一般的には新しく建てたほうが費用が安くなるケースもございますので、ご相談いただければと思います。

かかる費用としては先程の解体する費用の平米数、平米あたり5万円から10万円と新しく建てるお墓の費用がかかってきます。

そしてお骨を新しいお墓の方に移す、こちらはご自身で行っていただいて、お車か公共機関のバスなどで動かすことも可能です。

電車など公共機関での移動が難しいという方は、郵便局でお骨を郵送で送っていただくことは可能です。

お近くの郵便局で費用などは問い合わせいただければと思います。

最後にかかる費用としては、今までお世話になっていたお墓のところの閉眼供養、そしてお骨を出す石屋さんに骨出しの費用がかかってきます。

そして、新たなお墓のところでは、開眼供養と納骨のご供養のお寺さんへのお支払いも含まれてきます。

大体この辺りの相場では一供養3万円、二供養ですと5万円、その他にお車代が5千円、そのあたりが相場ですが、あくまでもこれは地域の相場であってお寺様の方のお考えもあるので、お寺様にご確認いただくか対応させていただいた方がよろしいかと思います。

資料請求・お見積り・ご相談等
お気軽にお問い合わせください

代表松本

松本 昇

墓石販売・霊園開発コンサル企業・霊園管理事務所所長・寺院職員・老舗石材店と、墓石業界で17年の経験を培いながら、現在は大地石材の代表取締役を務めております。お墓に関するお困りごとを抱える1人でも多くの方のお役に立つ情報をご提供すべく、千葉県を活動拠点として取り組んでまいります。

関連記事

お墓の水差しの意味と守るべきマナーとは?

お墓の水差しの意味と守るべきマナーとは?

水差しというのは、水皿、お花立てとお花立ての間に水鉢があると思います。 これぐらいの形で窪んでいる部分があると思うんですけれども、そこを綺麗にしてお参りに来た時

お墓の雑草対策はどんな方法があるか?

お墓の雑草対策はどんな方法があるか?

色々と種類があるんですけれども、ただ大きく分けて今までの施工事例の中で三種類あるとしたら… まず防草シートをしっかりと張る、コンクリートを土の部分に流し込むんで

お墓で除草剤を使うのはダメなのか?

お墓で除草剤を使うのはダメなのか?

あまりお勧めではないですね。 基本的に周りの方の同意が必要になると思いますし、管理会社にまず確認する必要があると思いますが、現実グレーゾーンなので使われてる方は

苗字が違っても同じお墓に入れるのか?

苗字が違っても同じお墓に入れるのか?

基本的には、ほぼ名字が違っても血族であれば大丈夫です。 ただし、霊園、寺院によって受け入れられないところもある可能性もあるので、購入する、もしくは既存の管理会社

error: Content is protected !!