お役立ちコラム

お墓っていくら費用がかかるの?相場や内訳を紹介!

お墓っていくら費用がかかるの?相場や内訳を紹介!

お墓を建てるときには永代使用料、墓石代、管理費がかかります。しかし、人生でお墓を建てる機会は少ないため、それぞれにいくら費用がかかるか分かりませんよね。

最近では生前に自分のお墓を用意する「終活」という言葉も聞くようになりました。これからお墓や墓石を選ぶときの参考になるように、建てるときや維持費がいくらかかるかを紹介していきます。

永代使用料

永代使用料とは、お墓を置く墓地や霊園の土地を借りる費用のことです。これは最初にだけ払い、全国平均で約25〜30万円です。しかし、全国平均はこの額ですが、立地条件によってその額は大きく変わります。

都会や駅から近いなど交通のアクセスが良いと永代使用料は高くなり、郊外に行くほど安くなります。親戚が集まりやすい所にする必要があるので、実際に墓地や霊園を見てから決めましょう。

「使用料」となっているのは、土地自体を購入できるわけではなく、土地の使用権を購入しているからです。そのため消費税や贈与税はかかりません。

墓石代

墓石代の相場は全国平均で約120〜175万円ほどかかります。これは墓石の値段、墓石の設置費用、文字の彫刻費用を合わせた金額です。墓石の値段が大部分を占めていますが、どんな石をどれだけ使ってデザインするかで値段に差がでます。

国産の石材を一般的に用いられる8寸角(約24.2cm四方)で作った墓石なら全国平均の費用に収まります。小松石や大島石などのブランド名が付く石材を使うと200〜300万円です。

中国やインドなどの外国産石材を使えば50〜70万円程度の費用に抑えることができます。

管理費

管理費は墓地や霊園に定期的に払う費用です。これは費用は、墓地全体の水道代や電気代、休憩所やトイレなどを維持するために使われます。普段の掃除をしてくれたり、樹木や草花の管理をしてくれたりすることでいろいろな人が集まる場所をキレイに保ってくれます。

管理費の相場は2000〜1万5000円です。費用に差がありますが、高いところほど周辺環境の美化に力を入れている場合があります。

ずっと払い続ける費用なので、金額と周辺環境のバランスをみましょう。支払いは、毎年納める場合や数年分まとめて納める場合があり、方法はさまざまです。

まとめ:費用と同じくらい場所選びが大切なお墓

お墓には全部で145〜205万円ほどかかり、全国平均額に差があります。これは、選ぶ場所や石材によってかかる費用が大きく変わってくるからだということが分かりました。

特に場所は、お参りに来てくれる親戚全員にとってアクセスが良いことが求められます。周辺環境を見るためにも、候補にあがった墓地や霊園に行って比べてみてはいかがでしょうか。

関連記事

墓石の修理を考えるタイミングや費用相場

墓石の修理を考えるタイミングや費用相場

丈夫な石を組み上げ作られている墓石は、基本的に長い耐久性を誇ります。しかし先祖代々、受け継がれていく中で、避けられない劣化も生じます。 ある程度の段階に差し掛か

【長南町笠森霊園年内特別募集】

芝墓地 4.0㎡ 一般墓地 4.0㎡・6.0㎡・8.0㎡   ※今回の募集はお遺骨のない方遠方にに居住の方どなたでもお申し込みいただけます。 詳しくは