お客様のご家族に寄り添い、お客様のご家族と共に創り上げる

お客様のご家族に寄り添い、お客様のご家族と共に創り上げる

お墓の文字は彫り直しできるの?工事のリスクと費用相場

お墓の文字は彫り直しできるの?工事のリスクと費用相場

お墓に彫った文字の漢字が違った。昔からこれだと思っていた家紋が違った。お墓に彫った文字を彫り直ししたいという依頼は実際にあります。

この記事では、お墓に彫った文字を彫り直しすることができるのかと悩んでいる人に対し、文字を彫り直す際のリスクや注意点、費用相場などお伝えします。

お墓に彫った文字の彫り直しはできるの?

お墓に彫った文字の彫り直しの依頼は実際にあります。その場合、墓石を削ることによって彫り直しをすることが可能です。

彫ってある文字を消す作業は、一般的に墓地や霊園などの現場で行なう事ができないため、彫り直す墓石の部分を取り外し、工場に持って帰り施工します。

また、削る以外の方法にも、字を直したい部分にパテを使用し、彫り直すという方法も。墓石を削る方法と比べると、見た目で埋めて彫り直したことが分かってしまいますので、石材屋さんや親族の人と相談しましょう。

お墓の文字を彫り直す場合のよくある理由

お坊さん

お墓の文字を彫り直す理由をいくつかまとめました。

共同建立者の離婚

夫婦でお墓を建てた後に離婚し、夫か妻のどちらかがそのお墓と無縁になった場合がよくあります。また子どもの夫婦を建立者として彫ったものの、子ども夫婦が離婚したケースなどがあります。

字や日付が違う

単純に漢字や日付の間違いなどがあり、お墓の文字を彫り直す場合があります。石材屋さんは原稿をもらって作業をしますので、原稿に抜けのないよう、しっかりとチェックしてください。

昔はこれだと思っていた家紋が調べたら違っていた

先祖代々の家紋が彫られているお墓は多いです。しかし、調べてみると家紋が間違っていたということも。新しいものが見つかったり、現在の家紋を消すために、彫り直しを依頼する人もいます。

文字を彫り直す場合のリスクと注意点

夫婦に説明する女性

墓石が複雑な加工をしていると削り直したことで左右対称が崩れたり、細かい加工まで手直しをしないといけない場合があります。

また、一面全て彫り直すので、戒名がたくさんかかれているなかの一名だけを修正したい場合でも、一度全ての戒名を削り落し、彫り直さなければいけません。

磨きあげた面は非常に綺麗に仕上がるため、一部分だけ綺麗で全体的に見ると色味に変化が出てしまい、違和感があります。彫り直しを依頼することによってお墓がどのようになるか、石材屋さんに相談しましょう。

お墓の文字を彫り直す際の費用相場

かかる費用

お墓の文字の彫り直しの費用相場は、墓石の再設置費用、削り直しの費用を含めておよそ3万円となります。墓石の種類や、加工によって費用は変わるので、石材屋さんに見積もりをとってもらいましょう。

また、後から文字を追加で彫ってもらう際、「魂抜き」という供養を必要とする場合があります。

「魂抜き」はお墓やお仏壇など、ご先祖様の魂が宿っているものを移動したり処分したりするときに、お経をあげて供養することをいいます。

僧侶にお経をあげてもらうため、魂抜きの費用を僧侶にお布施としてお渡しするということになり、お布施料は、2万円~5万円が主な費用相場となります。

まとめ

お墓に彫った文字を彫り直す際のリスクや注意点、費用相場などお伝えしました。墓石が複雑な加工をしていると削り直したことで左右対称が崩れたり、細かい加工まで手直しをしないといけない場合があります。

費用相場はおよそ3万円と考えられていますが、墓石の種類や、加工によって費用は変わるので、石材屋さんに見積もりをとってもらいましょう。

関連記事

error: Content is protected !!