お客様のご家族に寄り添い、お客様のご家族と共に創り上げる

お客様のご家族に寄り添い、お客様のご家族と共に創り上げる

お墓の外柵をリフォームする工事の費用と目安

お墓の墓石は綺麗に見えますが、周りの外柵が劣化し始めることがあります。

しかし、リフォームをする時期なのか、費用がどれくらいかかるのか、わからないことが多いのではないでしょうか。

この記事ではお墓の外柵のリフォームを考えている人に対して、リフォームの目安や費用相場をお伝えします。

お墓の外柵の役割

お墓の周りを囲む「外柵」は、家でいうところの塀の役割を担っています。外柵で墓所の周りを囲むことによって、隣の敷地との境界をハッキリさせるのです。

また、あの世とこの世の境界をあらわすとも考えられています。生前に墓地の区画を用意する場合は、外柵だけを先につくり墓碑などは後からゆっくりつくるということもあるようです。

お墓の外柵リフォームを検討する目安

昔は一般的に、外柵を軽石凝灰岩の一種である大谷石などの加工しやすい石材を使用していました。

ところが、加工しやすい石は風化や吸水によって浸食されやすいため、建立から年数がたつと割れたり、かけたりしてしまうのです。

リフォームが必要な目安として、墓石にひび割れが確認されたらすぐにリフォームをした方が良いでしょう。

外柵は地震などが原因でずれることも。軽微なずれなら目地補修のみで完了することもありますが、大きくずれている場合は石を組みなおす必要があります。

お墓の外柵のリフォームの費用相場

かかる費用

外柵を新しいみかげ石に取り換える工事

外柵を新しいみかげ石に取り換える場合の費用相場は50万円~200万円程度と考えられています。

新しい石に取り換える場合、取り換えない墓石本体も一度解体したり、基礎コンクリートを打ちなおすなど、付帯工事が必要になる場合が多いです。

墓地面積が広く、工事の搬出入も不便なところだと200万円を超えるケースもあります。

外柵の壊れている部分のみ取り換える工事

外柵の壊れている部分のみ取り換える場合の費用相場は3万~50万円程度と考えられています。

一部分というのが、どの程度を指すのか墓地によってさまざまです。数万円の工事もあれば、一部分とは言いつつも数十万円掛かるケースも考えられます。

外柵の接合部分のセメントの補修

外柵の壊れている部分のみ取り換えるは1万〜10万円程度と考えられています。外柵は石と石を接合してつくられているので、繋ぎ目のセメントが劣化して割れてきてしまうのです。

セメントで割れている箇所を補修するだけでしたら数千円で済むこともありますが、墓地全体を施工し直そうと思うと10万円程度費用がかかることもあります。

お墓の外柵のリフォームのメリット・デメリット

手続きの流れ

お墓の外柵のリフォームのメリット

古い外柵はお墓の昇り口が階段タイプになっているものが多いです。

お年寄りの方などがお墓参りしにくい造りの為、昇り口の階段を無くしお墓参りし易いフロアータイプにする方が増えています。

また、外柵の内部にみかげ石を使用する事によって、雑草も生えませんしお手入れがしやすくなります。

お墓の外柵のリフォームのデメリット

費用を削減しようとして外柵のリフォームをした後、他の部分の劣化が判明し、全て立て替えた方が安かった、なんてことも。

はじめにどれくらいの劣化があるのか、どんな手段が考えられるのかを業者や石屋さんと相談しましょう。

まとめ

お墓の外柵のリフォームの目安や費用相場をお伝えしました。外柵にひび割れが見られたら、リフォームの一つの目安だと思ってください。

簡単な工事で済むのか、新しい石に取り換えるのか、工事によって費用も大きく変わります。どのような工事が必要なのか一度石材店に相談することおすすめします。

関連記事

error: Content is protected !!