お客様のご家族に寄り添い、お客様のご家族と共に創り上げる

お客様のご家族に寄り添い、お客様のご家族と共に創り上げる

本位牌の魂入れはいつまでにやるべきか?

本位牌の魂入れはいつまでにやるべきか?

株式会社大地石材の佐藤です。

ご家族の誰かが亡くなられたとき、通常は四十九日まで白木の位牌を安置、四十九日が済んだら本位牌に魂を入れ替えてお仏壇に安置します。

位牌は開眼供養、魂入れと呼ばれる儀式を行って初めて真の位牌としての役割を持つことになります。

資料請求・お見積り・ご相談等
お気軽にお問い合わせください

代表松本

松本 昇

墓石販売・霊園開発コンサル企業・霊園管理事務所所長・寺院職員・老舗石材店と、墓石業界で17年の経験を培いながら、現在は大地石材の代表取締役を務めております。お墓に関するお困りごとを抱える1人でも多くの方のお役に立つ情報をご提供すべく、千葉県を活動拠点として取り組んでまいります。

関連記事

お墓には戒名を彫らないといけないのか?

お墓には戒名を彫らないといけないのか?

答えはですね、必ず彫らないといけないということはないです。 ただ、よく考えてみてください。お墓って学者さんが掘り下げると記録なんですって。 肉体は亡くなると火葬

お墓を引っ越しすることは出来るのか?

お墓を引っ越しすることは出来るのか?

可能です。お墓を引っ越しすることというのは、やはり田舎の方にもうお住まいになられてる方がいらっしゃらなくて、そのままにしておくことが気になるという方がですね。

お墓の建立祝いの費用相場やマナーとは?

お墓の建立祝いの費用相場やマナーとは?

宗派によっても呼び方は違いますけれども、「建碑式」「開眼供養」、お墓を建てたお祝いとして入魂式ですね、ただの石をお寺様に拝んでいただくことによってはじめてお墓に

樹木葬のトラブル事例とは?

樹木葬のトラブル事例とは?

納骨してしまうとお骨を取り出せない場合がある。樹木葬の埋葬方法は合祀と個別の2種類があります。 その内「合祀」は他の人と一つの木の下に複数人の遺骨を取りまとめる

error: Content is protected !!